ICT化支援事業

設備や業務全般のICT化への助言および支援を実施いたします。

システム化支援のご案内

ものづくりに関わるアイデアを具現化するシステム開発を紹介します。

ものづくりが新たなステージに進む時代に、ICT連携は無視できない要素ですが、多くのものづくり企業においてICT人材が不足しているため、何をどうやればいいか五里霧中なのが現状です。また、やったことのない新規事業なのに「仕様を決めてください」と言われても、何を決めればよいかすら分かりません。

そこで私たちは、ものづくり企業にマッチする新しい開発スタイルを提案します。現場のニーズをヒアリングしてカタチのないアイデアの段階から相談に乗り、まずは実際に動くプロトタイプを作ってから評価を重ね仕様を決めていきます。まずプロトタイプを作ってから試行錯誤するのは、ものづくり企業の皆様には常識ですが、システム開発の世界では非常識とされてきました。私たちはその開発スタイルをご提案することができます。

いつでも仕様変更でき、リリース後も拡張しやすい「プロトタイプ開発」

「外部に相談できるパートナーがいない」「社内に開発チームを持てない」「まだ漠然としたアイデアのまま先に進めていない」というものづくり企業の悩みに応えます。また、現場のニーズは変わるものであることを前提に、限られた予算と期間で何を作るかを支援します。

●プロトタイプ開発とは

仕様を決めてから開発を行うのではなく、システム全体の流れや、機能をブラッシュアップしたり、不要な機能を洗い出すために実際に触れてみることのできるプロトタイプの開発を繰り返して完成形に近づけていく開発手法。

「プロトタイプ開発」が可能な理由

①下請けを使わず、同一チームで設計と開発を担当

②ソースコードの品質を担保している

●顧客側のメリット

①最初から仕様を決めなくてもよい。やったことのないことの仕様を決めるのは難しい。スモールスタートで実績を作るのに向いている。

②路線変更が容易。市場の声を聞いて、スタート時とはまったく違うサービスに成長するのはよくあること。

③人的リソースを調整しやすい。作業工程によって必要とされるエンジニアのスキルが異なるので、必要なときに必要なスキルの人材を調達できる。

ものづくりの現場を支える「遠隔リアルタイム双方向コミュニケーションシステム」

映像・音声・テキストなどの機密データを、遠隔地間で双方向かつセキュアにコミュニケーションできるシステムです。

こんなシーンに最適!

・ものづくり現場での設計図を共有してのオフショア開発

・様々な拠点間でデータを出し合う会議

・「スマートグラス」を使った現場作業者に対し、熟練技術者による遠隔作業支援



社会教育支援事業

人材教育支援や業務プロセス見直しの提案、地域でのセミナーや講演会・見学会の開催による社会教育事業を行います。

人材教育支援のご案内

人材不足の折、生産性の向上や獲得した人材の即戦力化、外国人労働者の迎え入れなど、無視できない課題が山積しています。また、作業員の「多能工化」や業務プロセスの自動化(RPA)、さらには業務標準化の動きも盛んになっています。

デジタルの得意領域である初歩的な指導など、ICTに置き換えができるところはデジタルに任せてしまい、貴重な人的リソースは高度な指導に注力させたほうが、付加価値創造に役立つことでしょう。

業務標準化の第一歩「デジタルマニュアル化・デジタル教材化サービス」

ものづくり現場が抱える⼈材課題を、「既存コンテンツリソースの分解・再構築」により解決いたします。

●デジタルマニュアル化サービス

・マニュアルは参照されてこそ価値を発揮 【リファレンス】

・「いつでも」「だれでも」「どこでも」「すばやく」参照 【ドリルダウン】

・⽬的に最適化され無駄のないコンテンツ 【マイクロコンテンツ】

「求められるマニュアルのカタチ」を兼ね備えたクラウド型コンテンツライブラリ
【TOC-Cata(トッカータ)】

●デジタル教材化サービス

現在準備中です。

◉ご導入に関するコンサルティング・ご導入支援を承ります。

上記事業内容についてのご相談・お問い合わせはこちらまで。